ショップ情報

清水屋

グルメ&フーズ
清水屋

東海道五十三次で有名な島田宿があります。江戸時代、享保年間(1722年)、この地で菓子屋を営む清水屋5代 目伝左衛門は、逗留していた紀州浪人の置塩露庵と知り合い、甘酒皮の饅頭づくりの秘法を伝授され、その後偶然にも参勤交代中の松江候松平公の目にとまり、 一口で食べられる大きさがいいとの助言を受け、以来清水屋の小まんじゅうは街道一と称され、多くの皆様に愛され続けております。清水屋は300年の歴史を誇る和菓子店です。


↑ PAGE TOP